生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

高齢者|年金だけでは生活していけず生活保護を受給

  • こちらでご紹介するのは、ほゴリラの無料申請サポートで実際に生活保護を受給した事例の1つです。

    今回は年金だけでは生活が苦しく、生活保護を受給したFさんの事例です。
  • 僅かな年金

  • 一般的に65歳から年金を受け取ることが出来ますが、その支給額はどんどん減っています。
    Fさんは現在80歳で、定年を迎えてからは貯金と僅かな年金で生活をしていましたが、貯金は底をつき年金だけでの生活が始まりました。
  • 知人が生活保護受給者

  • 生活に不安を抱える中、知人が生活保護受給者だったことを思い出したFさんは、すぐに知人に連絡を取りました。
    そこで知人から生活保護について驚きの事実を聞かされることになります。
  • 高齢者にとってメリットが多い

  • 生活保護を受給すると、人によっては年金の支給額と比較して2倍近い金額を受け取れる場合があります。
    また、生活保護は医療費も無料になるため、実質的な差額でいうと2倍以上とも言えるのです。

    デメリットとして持ち家や車を所有できない点が挙げられますが、Fさんはどちらも所有していなかったため、生活保護はメリットでしかなかったのです。

    このような話を知人から聞いたFさんはすぐに生活保護について調べ、私たちの申請同行サポートを知り、ご相談をいただきました。
  • 現住居の問題

  • 生活保護を受給するためには住宅扶助という家賃の上限が発生します。
    Fさんの現住居の家賃が住宅扶助の規定を超えていたため、生活保護を受給するにあたり転居する必要がありました。

    しかし、Fさんの年齢は80歳と後期高齢者に該当しており、賃貸の入居がかなり難しい状況だったのです。
  • 入居審査不要の楽ちん貸

  • 楽ちん貸は、私たちが契約者になり物件を借り上げ、入居者としてご相談者様にご入居いただきます。
    これにより、入居の審査を受けるのは契約者である私たちになりますので、Fさんのような後期高齢者でもすぐに賃貸へご入居いただくことが可能です。

    Fさんは申請同行サポートで生活保護の申請を済ませ、そのまま楽ちん貸の物件を内覧し、入居することに決まりました。
  • 現在のFさんの生活

  • Fさんは元々料理が好きでしたが、年金生活で生活を切り詰めている間は好きなものも食べることなく、半額のお惣菜などで凌ぐことが多かったそうです。

    現在はその反動もあり、決して贅沢はできなくとも料理を楽しみながら生活をしているそうです。
    老後になると趣味は非常に重要ですので、そういう意味でも生活保護を受給してよかったと言えるでしょう。

    年金はどんどん金額が下がっており、払い損世代なんていう言葉もあるほど深刻な問題です。
    Fさんのように年金だけでは生活が苦しいという方は多いと思いますので、もし同じような境遇の方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談いただければ幸いです。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。