生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

  • ホーム
  • ブログ一覧
  • 生活保護の相談は24時間無料!申請から住居の確保までサポート!

生活保護の相談は24時間無料!申請から住居の確保までサポート!

【目次】

  • 生活保護を受けられる条件
  • 生活保護の受給を相談するには
  • 生活保護の申請同行サポート
  • 生活保護受給者専用の楽ちん貸
  • まとめ
  • 生活保護の受給をご検討されている方で、『どこでどのように相談すれば良いのかわからない』という方は非常に多いです。

    生活保護は日本国民のセーフティーネットでありながら、制度が複雑でわかりにくかったり、相談窓口での申請方法が分かりにくい等、本当に困っている方が正しい情報を得にくい状態になってしまっています。

    本サイトでは、生活保護の正しい知識を皆様にお届けするとともに、生活保護申請の相談を24時間無料で行なっておりますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。
  • 生活保護を受けられる条件

  • 生活保護の相談内容として最も多いのが、『自分は生活保護を受けられるのか?』というものです。
    インターネットの普及により、24時間無料で調べることができるものの、記事によって内容が異なっていて何が正しい情報なのか分かりにくい為、途中で諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

    実は、生活保護は地域や家族構成などによって受給できる条件が変わる為、複雑に見えてしまうのです。
    とはいえ、根本的な部分は変わりませんので、ざっくり知りたいという方は本記事だけで判断されても問題ありません。
    生活保護の受給条件は概ね以下の通りになります。
  • 収入が最低生活費未満であること

  • 生活保護を受給すると、毎月一定額の”生活保護費”が支給されます。
    この生活保護費の基準となっているのが、厚生労働省の定める"最低生活費"であり、最低生活費は地域や家族構成、障がいの有無などにより金額が変動するのです。

    例えば、東京23区で障害等の無い単身の方であれば、最低生活費は130,010円と定められていますので、収入が130,010円に満たない方は生活保護を受給できるということになります。
    なお、東京23区の最低生活費は、日本全国で最も高い水準の金額になりますので、その他の地域の方でも130,010円未満の収入であれば生活保護を受給できる可能性が高いです。

    ご自身のお住まいの地域の最低生活費が知りたい場合はこちらの記事をお読みください。
  • 資産や貯蓄がないこと

  • 収入が最低生活費未満であっても、売却すればまとまったお金になるような資産を所有している場合や、最低生活費を超える額の貯金がある場合は、今すぐに生活保護を受給しなければならないほど生活に困窮しているわけではない為、申請の相談に行っても受理されることはありません。

    とはいえ、貯金や資産があってもその先の支出が決まっており、すぐに受給条件を満たすことがわかっている場合に関しては、生活保護の申請が受理されることがありますので、相談してみるのが良いでしょう。
  • 頼れる親族がいないこと

  • 上記2つの条件を満たしていても、親族の方でご自身を扶養できる方がいらっしゃる場合は、生活保護を受給することができません。
    生活保護は国民の税金から賄われているため、親族で解決できるのであればそちらを優先すべきだからです。

    しかし、相談者の中には親族と長期間音信不通の方や、虐待やDV等で連絡を取りたくない方もいらっしゃいます。その場合は特例として、親族に確認を取ることなく生活保護の受給が認められる場合がありますのでご安心ください。
  • 生活保護の受給を相談するには

  • 生活保護の申請を相談するにあたり、どこに行けば良いのかを本項でご説明します。
    福祉事務所や自治体など、さまざまな言い回しがされていますが、簡単にいうと"お住まいの地域を管轄している役所"という認識で概ね問題ありません。

    また、ホームレスの方など、拠点としている地域と住民票のある地域が異なる場合に関しては、最寄りの役所で生活保護の相談をすることができます。
  • 福祉事務所の場所

  • 生活保護の相談・申請窓口は、現在お住まいの地域を所管する福祉事務所です。
    福祉事務所は、市役所のみの地域は市役所区役所が設置されている地域では区役所になります。
    また、町村部では都道府県が"振興局"を設置していますので、管轄している複数の町村を担当しています。 なお、福祉事務所を設置していない町村にお住まいの方は、町村役場でも申請の手続を行うことが可能な場合がありますので、まずは役場に相談してみましょう。
  • 相談窓口の相談員

  • 役所には"福祉課"や"生活保護課"がありますので、その相談窓口にて生活保護の相談をすることができます。
    相談窓口には、生活保護の申請を受け付けている相談員がいますので、ご自身の状況等を説明して、生活保護の申請をすることができます。

    なお、申請が受理されるまでの期間は"原則14日以内"と定められており、緊迫した状況の方から申請が受理されていきます。
  • 生活保護の水際作戦

  • ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、生活保護を申請したいと相談しても申請させてもらえない場合があり、これを水際作戦と呼びます。

    生活保護の相談に来る方の中に、生活保護について詳しい方は多くありません。
    そのため、相談員に申請させてもらえなかった方は多くの場合、泣き寝入りすることになるのです。

    水際作戦は水面下で行われているため、公になることは多くありませんが、過去に発覚した事例もありますので、詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。
  • 生活保護の申請同行サポート

  • 私たちの行なっている生活保護の申請同行サポートは、私たちスタッフがご相談者様の申請に同行させて頂き、スムーズに生活保護を申請することができるサポートです。

    実は、生活保護の申請は第3者が同席しても問題ないため、水際作戦に対する対策として最も有効な手段なのです。
  • ご相談は24時間無料

  • 本サイトでは、フリーダイヤルによるご相談をはじめ、生活保護を受給できる可能性があるかどうかを診断する"生活保護受給診断"もご用意しておりますので、ご自身が生活保護を受給できるかどうか、24時間無料でご相談いただけます。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。
  • 生活保護受給診断
    ※現在エリア拡大中のため選択できる地域が少ないですが、受給できる条件が大きく異なることはありませんので、収入が13万円以下の方は診断してみてください。
  • 受給開始まで全て無料

  • 私たちにご相談いただければ、ご相談から受給開始まですべて無料でサポートさせて頂きます。
    受給決定後に、ご相談者様から代金をいただくことはありませんので、安心してご相談いただければ幸いです。
  • 受給決定率99%

  • 生活保護の申請同行サポートをご利用いただければ、知識と経験豊富なスタッフが申請に同行いたしますので、受給決定率は99%です。
    水際作戦の対策としてだけではなく、単純にお一人で申請するのが不安な方にもご利用頂けますので、お気軽にご相談ください。
  • 生活保護受給者専用の楽ちん貸

  • 生活保護には生活費に充てる"生活扶助"など、全部で8つの扶助があり、その中の1つが"住宅扶助"と呼ばれる家賃に充てる扶助があり、地域や家族構成によって上限金額が変動します。

    住宅扶助は企業等の家賃補助とは異なり、上限内の家賃の物件にしか住むことができないため、生活保護を受給するにあたり、住居の問題に悩まされる方が非常に多いです。
  • 生活保護者が入居できる物件

  • 住宅扶助の規定内の物件であれば、生活保護法上はどの物件でも問題ありません
    しかし、賃貸物件は大家さんの持ち物であるため、入居に関する審査があり、審査に通らなければ入居することはできないのです。

    入居審査では、過去の家賃滞納やローン関係の履歴を見られるため、生活に困窮していた生活保護受給者の中には、入居審査に通らない方が少なくありません。
    また、中には生活保護を受給しているというだけで、入居を断られてしまうケースもあります。
  • 楽ちん貸の5つのメリット

  • 私たちが運営する楽ちん貸では、生活保護受給者が住居に関して抱えるお悩みを一気に解決できます。
    1. 保証人不要
    2. 保証会社不要
    3. 家具家電付き
    4. 即日入居可能
    5. 契約初期費用0円
    生活保護を受給する方は、経済的に困窮しており保証人となる親族が居ない方が多いです。
    そのため、生活保護の申請が受理されても、住居の確保が難しい方が非常に多いため、楽ちん貸をご利用いただければ住居に悩むことはありません。
  • まとめ

  • ここまで、生活保護について相談する方法と、お悩みを一気に解決できる2つのサポートについて解説しました。
    • 生活保護を受給できる主な条件は3つ
    1. 収入が最低生活費未満
    2. 資産や貯蓄がない
    3. 頼れる親族がいない
    • 生活保護は福祉事務所で相談する
    • 福祉事務所の相談窓口で相談員に相談する
    • お一人で相談すると水際作戦の被害に遭う可能性がある
    • 生活保護の申請同行サポートを利用すれば水際作戦の対策になる
    • 申請同行サポートは相談から受給決定まで24時間無料
    • 生活保護受給者は賃貸の入居審査に通りにくい
    • 楽ちん貸を利用すれば契約初期費用が無料で即日入居可能
    以上のことがお分かりいただけたと思います。

    本サイトは、これから生活保護の受給をご検討されている方の相談から、すでに受給している方の住居の相談まで、24時間無料で受け付けておりますので、少しでも不安やお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。