生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

  • ホーム
  • ブログ一覧
  • 生活保護の水際作戦は何故起こるのか?最も簡単な対策方法を解説!

生活保護の水際作戦は何故起こるのか?最も簡単な対策方法を解説!

【目次】

  • 生活保護における水際作戦の事例
  • 生活保護で水際作戦が行われる理由
  • 1人で出来る水際作戦の対策方法
  • 受給決定率99%の最も簡単な対策方法
  • 水際作戦とは、元々は軍事的な場面で使われていた言葉で、海岸に砲列を敷き、地雷、機雷、鉄条網などを敷設して水際陣地を構築し、敵の上陸用舟艇には砲撃を加え、敵兵が上陸してきたら銃撃と歩兵の突撃で敵を撃滅するというものです。
    簡単に言うと、上陸する前に敵の数を可能な限り減らすというようなもので、これが政策などで例えて使われるようになり、生活保護の申請でも水際作戦が行われていると言われています。

    しかし、私たちの行っている生活保護の無料申請サポートは、受給決定率99%です。
    この実績を踏まえたうえで、水際作戦の対策方法を解説します。
    生活保護の受給をより確実にしたい方は、是非私たちにご相談ください。
  • 生活保護における水際作戦の事例

  • 水際作戦の事例は過去に複数ありますが、直近では2021年に神奈川県で、生活保護の水際作戦が発覚し謝罪会見が開かれました。
    内容としては所持金が少ない状態で家が無く、公園などで寝泊まりしていた方が生活保護を申請しに行きました。
    しかし、本来であれば生活保護の受給条件を満たしており、申請出来るはずの内容にもかかわらず、言葉巧みに申請させないよう誘導していました。

    更に相談員が、相談後に申請内容を記載するがあり、その書類には『申請の意思なし』と記載されており、これが明らかな水際作戦であったことがわかります。
  • 録音による発覚

  • 今回のケースは、相談員とのやりとりをスマートフォンを使って録音していた為に発覚しました。これは正に、現代だからこそスマートフォンで手軽に録音出来たから発覚しただけで、スマートフォンが無い時代では何かしらの録音機器が必要であり、生活に困窮している人は基本的に持っているわけがありません。
    その為、昔であればこのやり方で水際作戦を行っても証拠が残らなかったでしょう。

    とはいえ、生活保護を申請する方の中には、スマートフォンを持っていない方もいらっしゃいます。もしそういったかたが今回のようなケースに遭った場合、1人で抵抗する手立ては無いと言えます。
  • 生活保護で水際作戦が行われる理由

  • 大前提として、生活保護は日本国民なら誰でも受給可能な制度です。受給するにあたり細かく条件はありますが、平たく言うと生活に困窮している人が受けられるセーフティーネットになっています。その為、生活保護の申請において、水際作戦は本来あってはならないことです。
    しかし、上記のように水際作戦が発覚し、役所が謝罪したという事例もある為、残念ながら生活保護の申請で水際作戦は存在しているのです。
    では、人ひとりの生死にも直結する可能性のある生活保護で、何故水際作戦が行われているのでしょうか?
  • 不正受給の防止

  • 生活保護費は国民の税金等から賄われており、その額は年間でおよそ3.8兆円にもなります。更に、度々生活保護の不正受給が取り上げられ問題になっている為、役所側も高額な保護費の予算を不正受給によって悪用されないよう、申請時の厳正な判断が求められるのです。

    生活保護は生活困窮者を救う制度であり、自立までの支援という意味合いがあります。その為、傷病により働けなくなってしまった方を除き、基本的には経済的に自立するまでの間受給するものです。

    とはいえ、生活保護の制度が充実しているからこそ、働けるのに働かない人が出てくるのも現状です。働こうと思えば働けるにも関わらず、何かと理由をつけてズルズルと生活保護を受け続ける人が何人も居ては、全体の生活保護費は増え続けるばかりです。その為、生活保護受給者には担当ケースワーカーが付き、受給者の自立に向けたサポートも行っていますが、生活保護受給者に対してケースワーカーが足りていない自治体が多く、業務過多になっているのも現状です。
  • 自立まで保護する責任

  • 働けるのに働かない人に対する対策として『この人は働けると自治体が判断したら、保護を停止すれば良いのでは?』と思った方もいらっしゃるでしょう。しかし、そう単純にいかない理由があるのです。
    例えば、生活保護受給者が就職先を見つけ生活保護を脱却したは良いものの、人間関係や業務内容が合わず、すぐに離職してしまう等で、再度生活に困窮する可能性は否定できません。

    1度生活保護から自立した人がまた生活保護を受ける場合、再度申請する必要があり、自治体、受給者双方の手間になります。その為、就職先が見つかり収入が安定していても、3ヶ月から半年程度の期間は形式上、生活保護を受給している扱いになり、この期間内に再度生活困窮に陥っても、すぐに生活保護費が支払える状態になっているのです。

    上記で説明したように、生活保護は自立までの支援という役割が大きい為、仮にまだ充分に働ける状態でない人を、自治体の判断で保護を打ち切り、その人がどこにも頼る事ができず生活に困窮し、最悪命を落とした場合、この責任はどこにあるのでしょうか?これは紛れも無く、保護を打ち切った自治体に白羽の矢が立ちます。

    このように、1度生活保護を受給した人に対して、保護停止の決断を取るのは自治体にとってはリスクがあるため、受給者の不正が発覚した場合などを除いて、一方的に保護停止になることはほとんどありません。
    1度生活保護を受給したら、自治体は自立までしっかりと保護する責任があるのです。
  • 申請時の水際作戦

  • 自治体の判断で、保護を打ち切ることが難しいとなれば、不正受給を無くすために最も簡単なのが、そもそも申請させない事です。これこそが生活保護における水際作戦の実態なのです。

    また、生活保護を受給できる条件は全国で大きく変わりませんが、実際に判断するのは自治体の相談員になります。生活困窮に陥った経緯は人によって様々なので、相談員の判断基準によって若干の差異が生まれる可能性は否定できません。
    また、申請希望者が正しく相談員に現状を伝えられているか?誤解されている可能性はないか?というのも非常に重要です。その為、ここの自治体で申請出来なかったが、あそこの自治体では申請出来た、などということも少なからず起こり得る事なのです。

    とはいえ、単純に生活保護の申請基準を満たしていないにもかかわらず、水際作戦の被害に遭ったと騒ぎ立てる人がいるのもまた事実です。その為、掲示板など一般の方が書き込めるようなところの意見だけを真に受けてしまうのは非常に危険です。
  • 1人で出来る水際作戦の対策方法

  • ここまでで、水際作戦が何故行われているかがお分かりいただけたと思います。
    では、水際作戦の対策方法はどのようにすれば良いのでしょうか?
    個人で出来る対策方法は主に2つ挙げられます。
  • 生活保護の知識をつける

  • 本記事をご覧になられているように、ネットで検索すれば大抵のことはわかる時代です。その為、生活保護を受給できる条件とご自身の状況を比較すれば、最低限ご自身が生活保護を受給できる可能性があるかどうかわかるはずです。

    しかし上述したように、生活保護の知識をネットで得ようとすると、必ず間違った知識が転がっており、どれが真実なのかわからなくなってしまうことが多いです。その為、当ホームページには生活保護の受給可否診断がありますので、受給できるかどうか不安な方は診断してみてください。
  • 病院から診断書をもらう

  • こちらは、病気が原因で生活困窮している場合に限りますが、例えば障害者の方であれば、障害者手帳があります。しかし、最近まで働いていたが、病気等が原因で退職し、生活が困窮してしまった方が生活保護を申請する場合、その証拠が必要になる場合が多いです。
    例えば、うつ病など精神的な病気であれば、ぱっと見で判断するのは難しいです。その為、診断書もなく自治体に行っても、多くの場合は取り合ってくれないでしょう。

    以上の2つが個人で出来る水際作戦の対策方法です。
    では最後に、最も簡単で99%受給可能な方法をご説明します。
  • 受給決定率99%の最も簡単な対策方法

  • 私たちほゴリラで行っている無料申請サポートでは、生活保護の知識と申請の経験豊富なスタッフが生活保護の申請に同行し、サポートさせていただきます。申請に必要な書類や持ち物を準備してから行きますので、最短1時間半程度で申請出来る場合もあります。通常、お1人で申請された方は、朝から夕方まで時間を要することも珍しくありませんので、かなりの時間短縮になります。

    また、このサポートの最も重要な部分として、生活保護の知識が豊富なスタッフが同行することで、水際作戦の被害に遭わないということです。前もって現在の状況や資産等をヒアリングさせていただき、生活保護の受給条件が揃っているかを確認した上で申請に行きます。その上で、私たち第3者が同席することにより、相談員の方も強引に追い返したりすることはできなくなるのです。
    その証拠に、無料申請サポートの受給決定率は99%です。

    ここまで水際作戦の対策方法をご説明しましたが、もちろん全ての自治体で水際作戦が行われているわけではありません。しかし、あなたが被害に遭わないという保証はありません。1度申請で断られてしまうと、2度3度と申請に行ってもまともに取り合ってくれなくなる場合がありますので、確実に生活保護を受給したい方は、是非、私たちにご相談ください。知識と経験豊富なスタッフが生活保護の申請を無料でサポートさせていただきます。
  • 0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。