生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

  • ホーム
  • ブログ一覧
  • 横浜市で生活保護向けの賃貸を探すなら!生活保護者専用の楽ちん貸

横浜市で生活保護向けの賃貸を探すなら!生活保護者専用の楽ちん貸

【目次】

  • 横浜市の生活保護の家賃上限
  • 生活保護受給者が転居する際の費用
  • 賃貸の入居審査
  • 生活保護受給者専用の楽ちん貸
  • まとめ
  • 横浜市で生活保護受給者が賃貸を探す場合、住宅扶助によって定められている家賃上限や、賃貸の入居にかかる初期費用などによって、どの賃貸物件に住めるかを考える必要があります。

    また、賃貸に入居するには入居審査を受ける必要があり、生活保護受給者の中には事情により審査に通らない方もいらっしゃいます。

    本記事では、横浜市で生活保護受給者の方が賃貸で抱えるお悩みを、簡単に解決できる楽ちん貸について解説します。
  • 横浜市の生活保護の家賃上限

  • 生活保護を受給する場合、住居の家賃に制限がかかります。
    これを住宅扶助と呼び、地域や家族構成によって金額が変動します。

    本項では、横浜市における世帯人数別の住宅扶助を解説します。
  • 単身者の場合

  • 単身者 住宅扶助
    16㎡以上 52,000円
    11㎡~15㎡以下 47,000円
    7㎡~10㎡ 42,000円
    6㎡以下 36,000円
  • 2人〜7人世帯の場合

  • 世帯人数 住宅扶助
    2人世帯 62,000円
    3〜5人世帯 68,000円
    6人世帯 73,000円
    7人世帯 81,000円
  • 横浜市の賃貸の家賃相場

  • 横浜市は政令指定都市に定められており、人口の多い都市です。
    そのため、家賃相場が高額になっているのがお分かりいただけると思います。
  • エリア 家賃相場
    横浜市鶴見区 6.71万円
    横浜市神奈川区 6.42万円
    横浜市西区 6.83万円
    横浜市中区 7.54万円
    横浜市南区 6.2万円
    横浜市保土ケ谷区 5.79万円
    横浜市磯子区 4.85万円
    横浜市金沢区 6.52万円
    横浜市港北区 5.78万円
    横浜市戸塚区 6.89万円
    横浜市港南区 5.44万円
    横浜市旭区 5.38万円
    横浜市緑区 5.5万円
    横浜市瀬谷区 4.84万円
    横浜市栄区 5.52万円
    横浜市泉区 6.05万円
    横浜市青葉区 6.1万円
    横浜市都筑区 6.88万円
  • このように、上記の住宅扶助と横浜市の家賃相場を比較すると、1万円以上の開きがある区が多いことがわかります。

    そのため、横浜市で生活保護受給者が入居可能な賃貸を探すのは難しい傾向にあるのです。
  • 生活保護受給者が転居する際の費用

  • 生活保護受給者が転居する場合、生活保護の一時金として転居費用が自治体から支払われます。
    これにより、生活保護受給者は費用負担をすることなく転居することが可能です。

    しかし、一時金は必ず支給されるわけではなく、ある条件を満たしている場合にのみ支給されますので注意しましょう。
  • 生活保護の一時金が支給されるケース

  • 転居費用が一時金として支給されるケースは、一言で言うなれば"転居しなければならない事情がある"場合です。
    例えば以下のようなケースが挙げられます。
    • これから生活保護を受給する方の、現住居の家賃が住宅扶助の規定を超えている
    • 現住居の取り壊しが決まり、立ち退きを余儀なくされた
    • 通院や通学、通勤が明らかに不便だと認められた場合
    このように、いずれも転居しなければならないと判断される場合にのみ一時金が支給されます。
  • 一時金が支給されないケース

  • 転居費用が一時金として支給されないケースはとてもシンプルで、"転居しなければならない理由がない"場合です。
    例えば以下のようなケースが挙げられます。
    • 今より広い部屋に住みたい
    • 〇〇区に住んでみたい
    • ペットを飼育したいのでペットの飼える物件に住みたい
    などなど、いくらでも例を挙げられますが、いずれの場合も転居しなければならないわけではなく、自己都合による転居になるため一時金は支給されません

    とはいえ、転居することは自由であり、保護費を貯金して転居することは問題ありませんのでご安心ください。
  • 賃貸の入居審査

  • 生活保護受給者が転居する場合に、最も注意しなければならないのが入居審査です。

    また、家賃が住宅扶助の規定内であっても、物件によっては生活保護受給者の入居不可という場合もあるため、限られた物件の中から入居審査に通る物件を探すことになります。
  • 生活保護受給者の入居可能な賃貸物件

  • 上記でも少し触れましたが、住宅扶助の規定内の家賃の物件であっても、生活保護受給者が必ずしも入居可能なわけではありません。
    住宅扶助はあくまで国が定めた規定であり、賃貸の持ち主は大家さんであるため、賃貸によって募集内容等が異なるからです。

    生活保護受給者が賃貸を断られる理由とは?契約する方法も簡単に解説
  • 保証会社の審査

  • 昨今の賃貸物件では、保証人の代理となる保証会社が利用できる物件がほとんどです。
    生活保護は親族に頼れない人が受給できるため、そもそも保証人を用意できる人は少ないでしょう。
    そのため、ほとんどの生活保護受給者は保証会社を利用することになります。

    しかし、保証会社の審査では金融関係の信用情報や、過去の家賃滞納等を調べられますので、生活保護受給者の中には保証会社の審査に通らない方も少なくないのです。
  • オーナー審査

  • 保証会社の審査に通れば、最後はオーナー(大家さん)の審査です。
    基本的に保証会社の審査に通れば、オーナー審査も通ることがほとんどですが、生活保護の受給理由等によっては入居を断られる場合があります。

    賃貸の最終決定権はオーナーにありますので、オーナーが首を横に振るだけでその物件に入居することはできなくなるのです。
  • 生活保護受給者専用の楽ちん貸

  • 私たちは、横浜市で生活保護受給者専用の"楽ちん貸"を運営しております。
    楽ちん貸では、私たちがあらかじめ"契約者"として契約した賃貸物件に、"入居者"としてご入居いただきますので、契約時に必要な入居審査を受ける必要がないのです。
  • 楽ちん貸の5つのメリット

  • 楽ちん貸のメリットは審査がないだけではありません。
    • 保証人不要
    • 保証会社不要
    • 家具家電付き対応
    • 即日入居可能
    • 初期費用分割可能(一時金が出ない場合)
    このように、生活保護受給者が抱える賃貸の悩みを、一気に解決できるのが楽ちん貸のメリットです。
    横浜市で賃貸にお困りの生活保護受給者は、お気軽にご相談ください。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。
  • まとめ

  • ここまで、横浜市で生活保護受給者が賃貸を探す上で重要なことと、全てのお悩みが解決できる楽ちん貸について解説しました。
    • 住宅扶助の金額は家族構成によって変動すること
    • 横浜市の家賃相場は高額であること
    • 生活保護受給者が転居しなければならない場合は、一時金として転居費用が支給されること
    • 生活保護受給者は入居審査に通りにくいことがあり、賃貸を探すのは大変であること
    • 楽ちん貸を利用すれば、生活保護受給者が賃貸に抱えるお悩みを一気に解決できること
    以上のことがお分かりいただけたと思います。
    横浜市は家賃相場が高く、生活保護受給者が入居可能な賃貸を探すのは大変です。
    横浜市で賃貸を借りられずお困りの生活保護受給者は、ぜひ私たちにご相談ください。

    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。