生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

  • ホーム
  • ブログ一覧
  • 生活保護の支給日を解説!横浜市は何日に支給?【2022年最新版】

生活保護の支給日を解説!横浜市は何日に支給?【2022年最新版】

【目次】

  • 横浜市の支給日は原則4日
  • 最初に支給される保護費の支給日
  • 生活保護費は振込みが基本
  • 生活保護を申請する流れ
  • これから生活保護の受給をお考えの方は、実際にいつ保護費が支給されるのか気になる方も多いのではないでしょうか?
    また、既に受給されている方でも来月の支給日がわからない場合などもあるでしょう。

    本記事では横浜市における生活保護の支給日を解説します。※2022年の情報です。
  • 横浜市の支給日は原則4日

  • 生活保護費は、基本的にどの自治体においても月初(1日~5日)に支給されます。
    5日に支給される自治体が最も多いですが、横浜市では4日に支給されます。

    どの自治体においても月初に支給されることに変わりはありませんが、他県に引っ越す場合などは支給日が横浜市と違う可能性がありますので予め支給日を確認しておく方がよいでしょう。

    また、基本的には4日となっていますが土日や大型連休等でずれ込む場合があります。
    前もって自治体から通知が届きますが、万が一紛失してしまうことなども考えられますので、以下の支給日一覧表をご確認ください。
  • 横浜市の生活保護支給日一覧【2022年】

  • 月分 支給日
    1月分 1月5日
    2月分 2月4日
    3月分 3月4日
    4月分 4月4日
    5月分 5月2日
    6月分 6月3日
    7月分 7月4日
    8月分 8月4日
    9月分 9月2日
    10月分 10月4日
    11月分 11月4日
    12月分 12月2日
  • 横浜市の生活保護の支給日はおおむねこの通りです。
    横浜市のHPにも「原則4日ごろ支給」と記載がある為、月によって若干の変動はありますが大幅にズレることは基本的にありません

    とはいえ、ケースワーカーに確認を取るのが最も確実ではありますので、不安な方は直接連絡してみたほうが良いでしょう。
  • 最初に支給される保護費の支給日

  • 生活保護の申請が受理されたのち、初めての保護費に関しては支給日が異なりますので注意しましょう。

    最初に支給される保護費は、申請した日から日割り計算した金額が受給開始日に支給されます。
  • 7月(例) 日割り計算
    申請日 7月11日
    受給開始日 7月25日
    日割り分 11日~31日までの20日分
  • このように25日からの7日分が支給されるのではなく、申請した日まで遡って日割り計算されます。

    生活保護を申請した時点で、既に生活に困窮していることが分かっている為、受給開始日ではなく申請日から日割り計算されるのです。

    また、受給開始日が最初の保護費の支給日であり、この場合25日が支給日になります。
    例外として、横浜の場合は4日が本来の支給日ですが、受給開始日が末日だった場合などは日割り分と合わせて翌月分も支給されることがあります。
    これらは自治体の判断によりますので、一概にどのような支給になるかは不確定です。
  • 申請が受理されるまでの期間

  • 上記の表で申請した日から受給開始日まで14日間空いていたことにお気付きになられたでしょうか?
    実は、生活保護の申請受理は原則14日以内とされているのです。

    生活保護を申請される方の緊迫具合は人それぞれです。とりあえず住居が確保出来ている方もいれば、ホームレスの方など所持金が全くない方もいらっしゃいますので、より緊迫している方から優先的に受理されるのです。
  • 生活保護費は振込みが基本

  • 横浜市の支給日はわかりましたが、生活保護費の支給方法も気になる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

    結論から申しますと、基本的には口座振り込みになります。
    一昔前であれば手渡しの自治体が多くありましたが、現在はほとんどが口座振り込みになっています。
  • 手渡しも対応可能

  • 基本的には口座振り込みですが、手渡しでの対応ももちろん可能です。
    何度も言いますが、生活保護を申請するに至る経緯は人それぞれです。その為、口座がそもそも無い方や事情により作れない方もいらっしゃいます。
    生活保護は生活に困窮している人を救う制度ですので、柔軟な対応が求められるのです。
  • 手渡しの場合に気を付けること

  • 口座振り込みの場合、支給日になったからといってすぐに保護費を引き下ろしたりする必要はありません。
    しかし、手渡しの場合は一括で受け取ることになります。

    また、必ずしも支給日に受け取る必要はありませんが、数日経っても受け取りに来ない場合はケースワーカーから確認の連絡があります。ケースワーカーからの連絡を無視していると最悪の場合、支給取り消しになる場合がありますので注意しましょう。
  • 生活保護を申請する流れ

  • ここまで横浜市の生活保護の支給日についてご説明しました。
    本記事をお読みになられている方の中には、これから横浜市で生活保護の申請をお考えの方もいらっしゃると思いますので、生活保護申請の流れを簡単にご説明します。
    1. お住まいの区役所の福祉センターへ行く
    2. 相談員との面談でご自身の状況を説明する(生活に困窮した経緯等)
    3. 申請書類の必要事項を記載する
    4. 申請を出したら受理されるまで待つ
    5. 受理されれば生活保護の受給開始
    おおむねこのような流れになります。

    しかし、横浜で生活保護の申請をするなら絶対に知っておくべきことがありますので、以下で詳しくご説明します。
  • 神奈川区役所の水際作戦

  • 2021年に神奈川区役所で生活保護の水際作戦が発覚しました。
    水際作戦は簡単に言うと、申請出来るはずの人が申請させてもらえないことです。
    水際作戦に関して詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

    水際作戦の対策方法としては以下の方法が挙げられます。
    1. 生活保護の知識を付ける
    2. 専門家が申請に同行する

    一般の方でも、生活保護の知識を付けることでご自身が生活保護の受給条件を満たしているかどうかわかる為、水際作戦の被害に遭っても抵抗することが出来ます。
  • 私たちの運営している"生活保護の受給診断"をご利用頂ければ、ご自身が生活保護の受給条件を満たしているかどうか60秒でわかります。
  • また、私たちは生活保護の申請同行サポートを行っております。
    生活保護の専門家である私たちスタッフが、実際に生活保護の申請に同行させて頂くことでスムーズに申請出来るほか、水際作戦の被害に遭うことは無くなります
    水際作戦の対策方法としては、最も確実な方法になりますので横浜市で生活保護の申請をお考えの方はお気軽にご相談ください。
    ご相談から受給開始まで全て無料でサポートさせて頂きます。

    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。