生活保護診断・生活保護受給者向け賃貸情報

札幌の生活保護費はいくら?保護費の支給例と計算方法を解説

【目次】

  • 生活保護費の計算方法
  • 札幌の生活保護費 単身者の支給例
  • 札幌の生活保護費 2人世帯の支給例
  • 札幌の生活保護費 障がい者の支給例
  • 生活保護受給までの流れ
  • 生活保護総合支援ほゴリラの2つのサポート
  • 生活保護費は、受給する地域や世帯人数等によって金額が変動します。
    札幌で生活保護の受給を検討している方の中には、受給後に自分が実際にいくら貰えるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

    本記事では、札幌の生活保護費がいくらになるのか支給例をご紹介します。札幌で生活保護の受給をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
    なお、本記事を執筆しているほゴリラでは、生活保護の受給が可能か診断できる「生活保護の受給診断」と、賃貸の入居審査に通過できる可能性がどれぐらいあるか診断できる「賃貸の入居審査診断」を運営しております。どちらの診断も簡単な質問に答えるだけで60秒で結果がわかりますので、ぜひお気軽にご利用ください。
  • 生活保護費の計算方法

  • 生活保護費は、厚生労働省により定められた最低生活費から算出されており、地域や世帯人数等によって細かく定められております。生活保護費は生活費となる「生活扶助」と住居の家賃に充てる「住宅扶助」から構成されており、それぞれが地域によって金額が変動します。以下で簡単に仕組みを解説します。
  • 級地による生活扶助の変動

  • 厚生労働省によって地域の等級が定められており、それを「級地区分」と呼び、1級地-1から3級地-2までの6つに分かれております。東京23区のような都市部が1級地-1とされ、地方になればなるほど級地が下がっていきます。
    札幌の級地区分は1級地-2とされているので、生活費だけで言うと上から2番目になります。
  • 家賃相場による住宅扶助の変動

  • 先程ご説明した地域の等級である級地区分が同じでも、それぞれ家賃相場は異なります。そのため、家賃上限である住宅扶助も地域によって変動します。
    札幌の住宅扶助は単身者で36,000円になっており、同じ1級地-2の他の地域と比べると生活保護の総額が以下のように変わります。
  • 地域 住宅扶助 生活扶助 生活保護費
    札幌市 36,000円 73,720円 109,720円
    東京都武蔵村山市 53,700円 73,720円 127,420円
    大阪府岸和田市 39,000円 73,720円 112,720円
  • このように、同じ1級地-2で生活費が同じでも、住宅扶助が違うことで生活保護の総額が変わることがお分かりいただけたと思います。

    なお、住宅扶助はあくまでも家賃の上限であり、札幌であれば36,000円までの家賃の物件に住めるということであり、30,000円の物件に住んだからといって、残った6,000円が生活費になるわけではありません。その場合は30,000円が住宅扶助として支給されます。そのため、同じ級地区分の地域であれば住宅扶助の金額が異なるだけで、生活費は同額なため平等な生活が保障されています。

    また、賃貸には入居審査があるため、生活困窮による家賃滞納ローン滞納等の経歴があり、それらが原因で審査に通らず転居先を見つけるのが困難な方も少なくありません。
    本記事を執筆しているほゴリラでは、賃貸の入居審査に通る可能性がどのぐらいあるか簡単に診断できる「賃貸入居審査診断」を運営しております。60秒で済む簡単な内容になっておりますので、審査に不安がある方はお気軽にご利用ください。
  • 生活扶助+住宅扶助+加算

  • ここまでご説明した生活扶助と住宅扶助を足した金額が、生活保護費になるということがお分かりいただけたかと思います。しかし、生活保護費はそれだけではなく、9つの加算があります。
    例えば障がいのある方であれば障害者加算が生活保護費に加算され、母子家庭であれば母子加算が加算されます。加えて札幌は寒冷地ですので、冬期間は他県より高額な冬季加算が全世帯に加算されます。

    このように、生活扶助住宅扶助加算が適用された金額が生活保護費になります。加算について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。
    生活保護の9つある加算を一覧でわかりやすく解説します!
  • 札幌の生活保護費 単身者の支給例

  • 生活保護は世帯人数によって支給される金額が異なります。札幌の単身者が生活保護を受給した際に、支給される保護費は以下の通りです。
  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    合計 109,720円
  • 冬季間(10月〜4月)の支給額

  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    冬季加算(10月~4月) 12,780円
    合計 122,500円
  • このように、単身者で障害等が無くても充分に生活していけるだけの金額をもらえることがおわかりいただけたのではないでしょうか?なお、冬季加算は暖房費用として生活費に加算されるものですので、暖房費を節約して浮いた分を他のことに使っても問題ありません。
  • 札幌の生活保護費 2人世帯の支給例

  • 生活保護は個人ではなく世帯で受給する形になります。そのため、結婚している世帯で夫婦どちらかだけが生活保護を受給する、などということは原則出来ません。
    札幌の2人世帯での支給額は以下の通りです。
  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 119,360円
    住宅扶助 43,000円
    合計 162,360円
  • 冬季間(10月〜4月)の支給額

  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 119,360円
    住宅扶助 43,000円
    冬季加算(10月~4月) 18,140円
    冬季合計 180,500円
  • このように、住宅扶助(家賃)が単身者に比べ7千円上がり、生活扶助だけでも約12万円程支給されます。突然の失業等で収入がなくなってしまった場合でも、充分に生活していける金額ではないでしょうか?
    また、この場合の2人世帯はあくまでも夫婦などの場合の金額で、母子家庭の場合は更に母子加算や児童養育加算が加算されますので、支給額の合計は約20万円程になる場合があります。札幌にお住まいの母子家庭が生活保護を受給できる条件や、デメリットについて知りたい方はこちらの記事をお読みください。
    母子家庭で生活保護を受けるには?条件とデメリットを解説【札幌版】
  • 札幌の生活保護費 障がい者の支給例

  • 生活保護は受給者の状況により、支給額が変動するとご説明しましたが、身体的または精神的な障害の有無によっても変動します。これを障害者加算と呼び、等級によって支給額が変わります。身体障害3級、精神障害2級の方の支給される金額は以下の通りです。
  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    障害者加算 17,870円
    合計 127,590円
  • 冬季間(10月〜4月)の支給額

  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    障害者加算 17,870円
    冬季加算(10月~4月) 12,780円
    冬季合計 140,370円
  • 次に身体障害1・2級、精神障害1級の方の支給金額をご紹介します。当然ですが障がいが重い程、生活に支障をきたす為、金額が上がります。支給される金額は以下の通りです。
  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    障害者加算 26,810円
    合計 136,530円
  • 冬季間(10月〜4月)の支給額

  • 項目名称 支給金額
    生活扶助 73,720円
    住宅扶助 36,000円
    障害者加算 26,810円
    冬季加算(10月~4月) 12,780円
    冬季合計 149,310円
  • このように、障がいの等級が上がると、1万円近く支給額が上がります。障害者加算があると生活扶助(生活費)が10万円前後になるため、単身者の生活費としてはかなりの金額ではないでしょうか?
    また、身体障害者に関しては、例えば車椅子の方が賃貸物件に入居するにあたりエレベーターやスロープのある物件など、住める物件が限られる場合があります。その場合、通常の3万6千円の住宅扶助(家賃)では該当する物件が無い可能性がありますので、状況次第では住宅扶助の上限が1.5倍になる「特別基準」が適用されるケースがあります。障害者加算が適用される条件など、詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。
    生活保護の障害者加算はいくら?障害者加算の条件と申請方法も解説!
  • 生活保護受給までの流れ

  • ここまで、札幌における生活保護の支給額を3つのケースに分けてご紹介しました。いずれの場合も、生活するには充分な金額であったかと思います。

    生活保護は、日本国民であれば誰でも受けられるセーフティネットであるにもかかわらず、実際に生活保護を受給するにはどうしたらよいのか、具体的にわからない方が非常に多いです。そこで、簡単に生活保護を受給するまでの流れを3つのステップに分けてご説明いたします。
  • 保護の申請

  • 生活保護は、お住まいの地区を管轄している「福祉事務所」で申請します。なお、福祉事務所は札幌市の場合は各区の区役所に併設されておりますので、中央区なら中央区役所、北区なら北区役所にあります。

    区役所には保護課という窓口があるので、保護課の相談員にご自身の状況を説明し、保護の申請をします。また、申請が受理されるまでは原則14日以内と定められておりますので、10日前後かかる場合が多いです。
  • 受給決定

  • 申請が受理されれば、生活保護の受給が決定します。しかし注意すべき点があり、必ずしも受給決定=受給開始ではありません。上述したように、生活保護費は生活扶助(生活費)だけでなく、住宅扶助(家賃)も含まれているため、受給予定者がホームレスで現住居が無い場合や、現住居の家賃が住宅扶助の上限を超えている(住宅扶助が36,000円で現住居の家賃が50,000円など)場合は、原則住宅扶助の上限内の賃貸に転居する必要があり、新住居の契約開始と同時に受給開始になることが多いです。そのため、受給決定=受給開始ではないのです。
    札幌で生活保護を申請する方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています。
    生活保護の申請方法を役所よりもわかりやすく解説【札幌版】
  • 住居の確定

  • 前段で少し触れましたが、現住居が住宅扶助の規定外(または住居が無い)の場合は、受給決定後に新住居を確定する必要があります。この場合は基本的に、引越し費用は福祉事務所から支給されます。しかし、生活保護を申請した方は生活に困窮しているわけですので、申請に至る前に家賃やローンの滞納をしてしまった方も少なくありません。そのような経緯がある方は、賃貸の入居審査に通りにくくなってしまうため、住居の確保が非常に難しくなってしまうのです。
    賃貸の入居審査に不安がある方は、ほゴリラが運営している「楽ちん貸」をご利用頂ければ審査不要で賃貸物件にご入居頂けます。詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。
    保証人も保証会社も不要で札幌の【普通の賃貸】に住める楽ちん貸とは
  • 生活保護総合支援ほゴリラの2つのサポート

  • ここまで、札幌の生活保護の支給額から、受給開始までの流れをご説明しました。
    札幌の単身者で約11万円、2人世帯で約16万円程度が支給され、障がいがある方は"障害者加算"が追加されることなどがお分かりいただけたかと思います。
  • 本記事を執筆しているほゴリラでは、これから生活保護の受給をご検討されている方のために「生活保護の申請同行サポート」、賃貸の入居審査に通らない生活保護受給者の方のために「楽ちん貸」というサービスを行なっておりますので、以下で簡単にご紹介致します。
  • 生活保護の申請同行サポート

  • 生活保護の申請同行サポートでは、生活保護に関するご相談を年間約6,000件受けている生活保護の専門家が、実際にご相談者様の生活保護申請に同行させていただきます。
    生活保護の申請は簡単ではありません。自治体の相談員にこれまでの経緯や働けない事情等を説明し、相談員を納得させる必要があります。加えて、申請に必要な書類は何枚もあり、書き方がわかりにくくなっています。

    生活保護の申請サポートをご利用いただければ、上記の事柄はもちろんのこと、生活保護の申請から受給開始に至るまで無料でサポートさせていただきます。
    申請同行サポートをご利用いただいた際の受給決定率は99%となっておりますので、生活保護を検討している方はぜひご利用ください。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

    なお、ご自身が生活保護の受給条件を満たしているかどうかわからない場合は以下の生活保護診断をご利用いただくことで、60秒で受給可否を診断できます。なお、診断やご相談はすべて無料ですのでご安心ください。
    【生活保護診断】簡単な質問に答えるだけ!60秒で生活保護が受給可能か診断!
  • 生活保護の申請同行サポートについては、こちらの記事でより詳しくご紹介しております。
    生活保護の申請サポート|札幌の生活保護の総合支援ほゴリラ
  • 楽ちん貸

  • 楽ちん貸は、ご自身の名義で住居を借りることが難しい方に代わって、私たちが契約者となり住居を借り受け、住居を借りることが難しい方に対して、住居を提供させていただいております。

     楽ちん貸の特徴は以下の通りです。
    • 保証人不要
    • 保証会社不要
    • 家具家電付き対応
    • 即日入居可能
    • 契約初期費用の分割可
    生活保護を受給されている方の中には、過去に家賃滞納や自己破産等の履歴がある方も少なくありません。しかし一般的な賃貸の入居審査は、1度でも家賃滞納やローン滞納をしてしまうとほとんどの審査に落とされてしまいます。

    楽ちん貸をご利用いただければ、一般的な賃貸の入居審査を受ける必要がないため上記の問題を解決できます。かつ、家賃支払いもサービスの中で融通がきくようになっており、家賃を支払えなくなる心配もありません。楽ちん貸をご利用いただける条件は、生活保護を受給していることだけです。
    賃貸の入居審査に通らず転居先が見つからない方や、住居がなくお困りの方はご相談だけでも承っております。お気軽にご相談ください。
    0120-916-144
    通話料不要のフリーダイヤルです。

    過去に入居審査に通らなかったことがある方や、現住居で家賃の支払いが遅れてしまったことがある方、ご自身の名義で賃貸を契約したことが無い方は、一般的な賃貸の入居審査に通る可能性がどのくらいあるかを診断できる「賃貸入居審査診断」を受けてみてください。
    無料かつ60秒で完了できる内容となっておりますので、診断して現状を知っておいて損はありません。
  • 楽ちん貸については、こちらの記事でより詳しくご紹介しております。
    保証人も保証会社も不要で札幌の【普通の賃貸】に住める楽ちん貸とは

ほゴリラの2つの無料診断

生活保護受給診断

簡単60秒で秘密厳守で生活保護を受給可能か診断できます。申請をご希望であれば無料で申請サポートいたします。

賃貸入居審査かんたん診断

簡単60秒で賃貸の審査が通りやすいか診断可能です。生活保護の方には初期費用0保証人無し「楽ちん貸」のご紹介も可能です。